So-net無料ブログ作成
検索選択

ゑごのきやまがら製作中 [製作中]

尺取虫 (Small).jpg
きぶし山雀改め,「ゑごのき山雀」手拭を製作中.
キブシもエゴノキも,世界で初登場の柄,ではないだろうか.
きぶし山雀手拭をここで紹介していない理由は,
個人的に気に入らなかったため.
打ち合わせの便を考えて,関西で手拭を製作してくれるところを
新たに捜して依頼したのだが,…職人の腕がイマイチであった.
元の図案はもっと細かい柄だったのが,
えらく大雑把なものになって戻ってきた.
一番悔しかったのは,山雀の眼.
なんだか空ろなぼんやりした目玉...これは,私の図案じゃない...!
キブシとヤマガラはあまり関係のない生物同士だったことも
判明し,作り直すことにしたのだった.

これまで製作をお願いしてきた人形町の梨園染・戸田屋商店では,
型師・染師が別に居て,そこへ型製作や染めに出している(で,当方は絵師).
完全分業制であり,手拭屋は製作を監督する役割といったところ.
浮世絵の版元と同じだと思う.
しかし大阪の手拭屋では,どうやら作業を全て自分のところで行っていたらしい.
多分,経験のある専門の職人も居なかったのだろう...
捜せばちゃんとしたところが在るのかもしれないが,
一度失敗して,もう捜す元気も意欲も無くなっていた.
後で型職人の方に戴いた助言は「型を見てから染めた方がいいよ」.
全くそのとおりで,浮世絵師同様,立会いは必要だと感じた.

さて,ゑごのき山雀は,きぶし山雀以上に細かい柄だったので,
戸田屋さんと何度も遣り取りしてやっと図案完成にこぎつけた.
昨年は,「もう,葉脈,イヤァァァ・・・」と悲鳴を挙げていたものだった
(いまは,型職人が...?)
図案(のコピー)は型職人のもとへ行き,型が製作されているところ.
今度,型を作っていただいている三重の浅生形紙店へ,見学に行く予定.
伊勢形紙協同組合 というものがあるらしい.
そろそろ,エゴノキも咲く季節.



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0