So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュージーランドで生き物とアートを楽しみました [探訪]

ここ何年か,海外で年末年始を過ごすのが恒例行事になっている.
今回はニュージーランドにした.
カカポ(フクロウオウム)という飛べない鳥が暮らす,わたしにとっては憧れの地.
しかし,調査研究者でもなければカカポに逢うのは至難の業であり,南島は航空券も高くて断念.
Aucklandを起点に,Tilitilimatangi island,Bay of Islands,Kerikeri, Whangarei等へ行く.
RIMG0233 (Large).JPG
北島で生きものとアートを満喫.この国は博物館や動物園でアーティストが大活躍しており,展示がとても格好好い.そして土産物も生きものアートがいっぱいで,生きもの好きにはとても危険な島だ.

またKerikeriではアーティストの画房を訊ねようという”Art Trail”催しを10月に開催している.10月に行くのが無理でも,事前に事務局に連絡して問い合わせれば,アーティストを紹介してくれ,地図も渡してくれる.Ann Winship さんはわたしに案内してくださり,手料理までいただきました.心から感謝いたします.

ニュージーランドではあちこちでCrafts & Art Market,つまり「手作り市」が開催されているらしく楽しい.日本の手作り市と違って食い物はなくアート・クラフト限定のようだ.わたしはRussellのMarketを見にいった.

Auckland Musiumの液浸標本.
何も入れていない色水の瓶があちこちに配置されており,よくありがちな暗いイメージを払拭!
そしてラベルもたのしい.アーティスト万歳!

RIMG0339 (Large).JPG
Tuataraビールとfat birdワインを「ジャケ買い」.
中身の品質を問わず購入されるのはアーティストのお蔭.もちろん,中身が好ければ再購入につながる
ちなみにTuataraは恐竜の生き残り!のような中トカゲ.瓶と蓋のデザインがTuataraになっている

RIMG0315 (Large).JPG
どこかの作業小屋?

RIMG0316 (Large).JPG
いえいえ,動物園の中です ここに居るのはthe Burrowing parrot

RIMG0285 (Large).JPG
シダ好きなお国柄.シダアートてんこ盛り! これは動物園の巨大ケージ出入り口

RIMG0152 (Large).JPG
Craft Market in Russell

RIMG0128 (Large).JPG
不便でも橋などの建造物をつくらないよう努力している

RIMG0250 (Large).JPG
鳥だらけのお札(native birds?)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。