So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Thank you Osaka Bird Festival バードフェスティバル大阪 御礼 [展覧会]

松葉ブース (Medium).jpg
At the Japan Bird Festival in Abiko (Chiba), most of booths are outside, it is greatly influenced by the weather. The Osaka Bird Festival is excellent inside or covered outside.

This time it looked like rain, but a lot of bird and wildlife enthusiasts got together at the festival. So I could make use of Japanese Paper Stencil I borrowed from a dyer by the medium of Japanese Tenugui shop (Todaya Shoten Co., Ltd.)
Designers like me rarely see this silk gauze, called “Sha”, stretched on a Paper Stencil, much less people in general. I got an opportunity to display it with completed Tenugui.

Everyone at the Osaka Bird Festival was really nice.
Mr. Kobayashi of Todaya Shoten Co., Ltd accepted my request to borrow a Japanese Paper Stencil. The craftsman; Mr. Kawai made this Japanese Paper Stencil.
The Bird Rescue Society of Japan’s staff gave me an opportunity to make an Ural Owl Tenugui. When I left my booth, they looked after it and give a few gifts to me at the festival.
Many people came to the Matsuba-gaboh Tenugui booth. I received help and assistance from a lot of people. Thank you everyone.

にほんご


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

バードフェスティバル大阪 一部展示を始めました [展覧会]

RIMG3160 (Medium).JPG
バードフェスティバル大阪の展示準備を一番乗りで始める.戸田屋商店さんを通じて染工場から送っていただいた形紙をここではじめて開封し驚く.こ,これは,もしかして噂に聞きし本物の柿渋和紙と絹の紗では・・・!? 現在注文する形紙は,いずれもプラスチックでできているものがほとんどで,クロス紙に代用のテトロン紗が張られている.
(参照:伊勢形紙見学・其の三「職人」 伊勢形紙見学・其の一「つり」
「これに穴空けて壁にピン留めできんだろう」と,あわてて和田学芸員が博物館の収納ケースを持ってきて下さった.今回の展示の目玉は,これ.
ぜひ見にいらしてください.



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ちらし2ができました Flyer version2 [お知らせ]

tenugui flyer151029_2.jpg

"Fleecy fledgling Owl" was added to a flyer.
綿梟を追加しました.

Download(1001KB)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大阪バードフェスティバル2015に参加します Join the Osaka Bird Festival 2015 (Nov 14-15) [展覧会]

RIMG2373 (Medium).JPG
The Osaka Bird Festival is a wild bird festival in Osaka once every 2 years. All kinds of people, as well as bird enthusiasts get together at the festival.
Matsuba-gabou is going to display Tenuguis, including traditional Japanese Stencils and 2 new designs. The Tenugui have original designs made with traditional Japanese Stencils.
Nagai Botanical garden, near the Osaka Museum of Natural History is free to enter during the festival. The garden has a lot of birds for an urban area of Osaka and even Raccoon dogs (Tanuki) sometimes appear.
So why don’t you enjoy bird watching? I look forward to seeing you at the Osaka Museum of Natural History.





Nov 14 (Sut) - 15 (Sun) 9:30-16:30
Osaka Museum of Natural History
closest station: Nagai St. (Osaka subway, Mido-suji line)
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/english/


にほんご


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フクロウ手拭(注染)第二段  Fleecy fledgling Owl [手拭]

IMG_20150626 (Large).jpg

綿梟 (めんふくろう)
Men-Fukurou
¥1500 2015年

Lovely fledgling Ural Owl Strix uralensis was designed to Tenugui. This is the Bird Rescue Society of Japan’s second Tenugui. There's hidden picture.

Usually, “Men (face) -Fukuro (owl)” means Burn Owl Tyto alba in Japanese, but I took in the Japanese by using the Kanji character for “Men (cotton) -Fukuro”. Face and cotton is same pronunciation in Japanese. There is a fledgling Ural Owl in the tree hollow with ennui expression (Actually, she say “I’m hungry...” ?).

May in Japan is the month season for Wisteria and fledgling Ural Owl to leave their nest. I wish Ural Owl all happiness !



にほんご


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エゴノキ・ヤマガラ手拭(注染) Varied tit on the Japanese snowbell [手拭]

yamagara01.jpg

ゑごのき山雀 Yegonoki Yamagara
¥1500 2015年

販売はこちら

I plopped myself down by the mountain riverside in the spring, where the Japanese
snowbell (Styrax japonica) bloomed. A Varied tit flew over, asking me "What are
you doing?". Please display this on the ceiling.

にほんご


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Art of plants 展 ~それぞれのアプローチ~ に出品します [展覧会]

Art school仲間とボタニカル展覧会に参加します.
松葉画舫は形彫り見学で触れた新作手拭とその他:

・ゑごのき山雀手拭
・“たねぶくろの種袋”
母島扉に母島目黒(ははじまとべらに ははじまめぐろ)

を出品することになりました.ゑごのき山雀手拭と“たねぶくろの種袋“は販売もしています.
一般的に「Botanical art」というと植物の細密画を指すように思われますが,今回の展覧会で共通なのはお題の植物だけで,手法を限らない,多様性に溢れるとても楽しい展覧会となっています(植物園で開催されてもよさそう・・・).
お近くにお住まいの方,遠くてもご興味がおありの方は,ぜひいらして下さい.

後日記---
脚をお運びくださった皆様,有難うございました.
時間帯・曜日によるとは思うのですが,わたしが当番だった土曜日は,男性のかたが多く寄って下さいました.逆に,参加者は二人を除き全員女性でした.

さらに後日記---151027
種袋をお求めいただいた方々には,オクラが好評でした.種はおまけでしたが,ちゃんと育ってくれたようでよかったです.我が家では今年日当たりが悪かったのか2個だけ収穫しました.今また種が実りつつあります.九条葱は芽が出なかったそうで...ごめんなさい!

unnamed.jpgDSC_7393.JPG


Photographs: Toshihiro Sagawa





*  *  *  *  *  *  *  *  *
Art of plants 展 ~それぞれのアプローチ~ 
http://www.yart-gallery.co.jp/nowexhibition.html
2015年6月23日(火)~28日(日)
11時~19時  ※最終日は17時閉場

出展作家
荒武 千鶴子  石崎 健治  大野 和子  川副 綾香  岸本 知鶴 
木村 保子  佐川 俊浩  しまだ ねこ  中尾 照子   西川 左希子 
松下 裕恵  松葉 画舫  宮田 由利子  盛村 麻澄  八木 恵子

15人の出品者は、それぞれの見方で多彩な植物の花や実、葉などを描きます。
全員が自分の画風、植物に対する思い入れを持った人たちばかりで表現技法も異なります。
ボタニカルアートととは一線を画した、同じ植物でも自分というフィルターを通すと、
これだけ表現が変化するという、それぞれの違いを楽しんでいただく展覧会になりました。

ワイアートギャラリー
JR大阪駅・梅田駅から歩10
地下鉄谷町線 中崎町駅3番出口から歩3
大阪市北区堂山町15-17ACT3-1F
06-6311-5380
http://www.yart-gallery.co.jp/top.html



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

伊勢形紙見学・其の三「職人」 [製作中]

翌日,浅生形紙店のご主人から話を聞く.絵師の方も今は絶えてしまったそうで,新作は望めそうにもない.最も若い方も早くになくなられたようだった.その小林さんという方が修行しているところを長年見ていたそうで,葉書サイズの紙に筆で点ばかり一年,小さな四角ばかり一年,+-模様を半年,ひたすら描きつづける,,といったことを云いつけられていたのだそうだ.育てるのはとても大変だということがとてもよく判る.そうした絵師は,今でいう“パクられる”と困るので,作業するところを中々見せたがらないそうだ(と,云っても今ではそう簡単に真似られないと思うのだが・・・).三重県立博物館での特別展示目録に,作品が掲載されていた.
外国で記された英語の本が,最も詳しく日本の形紙文化を紹介していた.塩野米松氏あたりが訳してもいいのではと思う.旧いが好い資料本もお持ちだったそうだが,こちらは客に貸して戻ってこなかったという.
話のあと,形職人のYさんの元へ車で連れて行っていただいた.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

伊勢形紙見学・其の二「彫り」 [製作中]

さて形紙教室終盤,これから宿を探すのだと云うと,八日市に戻るという形紙教室の生徒さんが,白子に行くんなら車に乗せてくよ,と申し出て下さった.有り難くお申し出を受けさせていただく.途中,伊勢型紙資料館まで寄って下さった.と,さっきの先生が.先生もとても親切で,形紙を作る場合の道具・材料を扱っている京都の店をわざわざ電話で訊ね,教えてくださった.

宿は,観光案内所で訊ねると松葉屋旅館を教えてくれた.素泊まり一泊4500円.
松葉屋のすぐ傍に位置していた伊勢型紙資料館を,もう少しゆっくり見たかったので,とって返すと,先生がまだいらしていて,もう閉館だという...16時まで.そして伝統産業会館も資料館も月曜休,アチャー...
ちょっとトホホな私を,何と先生が形職人のおうちに連れて行ってくださるという.こんなにご親切にしていただけるとは思ってもみず,おおよろこびで,車の後ろを松葉屋さんの自転車でついていく.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

伊勢形紙見学・其の一「つり」 [製作中]

150510-11,形彫り作業の見学へ.
当初,150511(=2015/05/11)日帰り予定だったのだが,「型紙教室」が鈴鹿市伝統産業会館で第二・四日曜に開催されていることを知り,丁度,前日が第二日曜だったので急きょ予定を変更.8時すぎの電車に乗り,昼前に到着.
浅生形紙店は,本当に駅の前.こちらは日曜がお休み.
よく調べてこなかったが,持ってきた「ツーリングマップル」によると鈴鹿市伝統産業会館は海のそばにあるらしい.途中で弁当を買ったので,海岸で弁当を食べてから13時の形紙教室に参加することに.

形紙教室は,先生を含め,10人ほどの教室だった.
みなさんは色紙サイズ以上の大物を作られているが,わたしはしおりサイズで自分とバードレスキュー協会の「野鳥救護」落款を... 先生が事務所に行ってしまわれていて,野鳥救護落款を適当に始めたのだが,段々不安になってきたので先生を呼んできたところ,「つり」を作らなければバラバラになると教わり,こいつは失敗...

RIMG2754 (Medium).JPG「つり」の付いた形紙
(”ゑごのき山雀”製作途中.手前が上)













続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート